スマホアプリはここまで活用できる時代が来たのか?

婚活はここ最近、結婚相手の探し方はお見合いや紹介などとは限らなくなっています。
最も手軽な方法としては、インターネットを利用したいわゆる「出会い系サイト」ではないでしょうか。しかし、出会い系サイトには、真剣交際を考えている人がほとんどだと連想する人が多いでしょう。

ですが、実際には真剣交際を求める人も多く、なかには結婚相手を探す人もいます。プロフィールから、真剣さが伝わる人を探して、プロフィールを見て「この人だ!」と思った人には、勇気を出してアプローチしてみましょう。
多くの出会い系サイトでは、男女の会員数に差があることが多く、女性に連絡をとってみてもほとんど返事は来ません。
それに、女性が自分のプロフィールを読んで、メールを送ることもないと思っていいでしょう。

しかし、医者、税理士、社長などの肩書があれば、その肩書に惹かれた女性たちからの連絡は途切れることはないでしょう。だからといって、あなたの職業で嘘をつくと、会えば嘘だとばれてしまうこともありますから後で面倒なことになりかねません。

出会い系といえば以前はPCからのみの利用でしたが、最近ではアプリから簡単にできるようになりました。

アプリではLINE IDを交換することを目的としているアプリがあります。年齢・性別はもちろんエリアも絞り込めるので、無駄な時間を過ごすことなく出会いにつなげられます。
距離が縮まるまでにサイトを通していると時間がかかってしまったりLINEのID交換については関係を作ってからでないと難しいですが、このような出会い系アプリを活用することで、その点を気にする必要がなく相手に集中することができます。

最近増えているのが、ポイント換金制を導入している出会い系サイトです。

これは、サイトを利用することでポイントがたまり、それを使ったり換金できたりするシステムのことですが、こうしたサイトの利用者の中にいる「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちに注意すべきです。

実は、出会い系サイト利用者の中には、異性と出会うというサイト本来の目的とは違い、お小遣い稼ぎとしてポイントを稼ぐという目的でサイトを利用する人がいるのです。このような目的の出会い系サイト利用者をキャッシュバッカーと呼びます。キャッシュバッカーはサクラではない、ちゃんと登録した人ですし、自動返信プログラムとももちろん違うため一般利用者と見分けがつけにくいのですがただただメッセージのやりとりだけにしか応じないような女性がいるようであればその人はキャッシュバッカーだと疑ったほうがよいでしょう。

出会い系サイトを活用したい人への忠告ですが、最近はサイトよりもアプリの方が利用する人がどんどん増えていますその訳は、今の時代はパソコンよりスマートフォンの利用の割合が高く、いつでもどこでも簡単に相手とメールのやり取りができるからです。

しかし利用者の中には、コミュニケーションが目的のアプリを コミュニケーションアプリを選ばないということです。
普通に出会い系を利用している人に嫌がられるだけでなく、 効率面を考えても最悪なのでしないようにしましょう。
セフレを探してセックスしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です